新幹線の往復割引のお得な活用方法についてご紹介します。



スポンサードリンク

新幹線の往復割引 料金計算とお得な活用法

新幹線も含め、JRの乗車券が割引になる制度で、往復割引という制度があります。
これは、運賃が割引になる制度(新幹線等の特急料金は除く)で、行きと帰りそれぞれが1割引きになるとてもお得な割引制度です。

 

格安新幹線チケットの楽天情報

 

ただし、どの区間でも割引になるという訳ではなく、片道の「営業キロ」と言われる片道の距離が601km以上ある場合にしか適用されないので注意が必要です。
つまり、新幹線で東京-新大阪間は片道が約550kmなので、往復割引の対象とはなりません。
また、東京-新神戸間も約590kmなので、惜しくも往復割引の対象とはならないのです。

 

 

しかし、ここで諦めてしまうのはもったいない話です。
少しでもお得に利用したいのならば、その10kmをうまく計算すれば料金が割引になります。
どういうことかというと、10km先までの往復チケットを購入すれば、往復割引の対象となるのです。
例えば、東京-新大阪間を新幹線で利用し、大阪から明石までJR在来線を利用するという設定ですと、距離にして約609km。
料金を計算してみると、普通に東京-新大阪間の新幹線利用の場合は運賃・特急料金を合わせて片道9,350円。

 

 

しかし東京-新大阪間は新幹線を利用して、明石までJR在来線で行く場合は往復割引が適用され、片道8,410円。
これが往復分だと、その割引料金も倍になるわけで、かなりお得になるのが分るかと思います。
この場合でいうと、東京-明石間の往復割引で購入した乗車券で新大阪駅で下車したり、帰りに新大阪駅から新幹線で東京まで乗車しても何ら問題にはなりませんので、これは活用したほうが賢いかと思います。

 

 

ただし最初にも申し上げた通り、片道の営業キロと、通常に乗車した場合の料金と少し距離を延ばしてでも往復割引を適用したほうがお得なのかを良く比べた上で、利用して下さいね。

 

 

新幹線の往復割引 マル得おすすめ情報

新幹線は早くて便利ですが、やはり料金が高いイメージがあり、家族旅行などにはちょっと無理‥という方も多いと思います。
でも、JRにはたくさんの割引き制度がありますのでそれらを上手に利用すれば新幹線もそれほど高い料金ではないのです。

 

JRのきっぷには、いくつかの割引があります。
◆ヤフオクの新幹線激安チケット情報はコチラ!

 

中でも新幹線の場合、一定以上の遠距離を利用する場合が多いので、行きと帰りで購入すれば往復割引の適用になる可能性が高いことを考えておきましょう。

 

往復割引は前述の通り、片道の営業キロが601キロ以上あれば「行き」「帰り」の運賃がそれぞれ1割引になります。

 

例:東京から岡山に行く場合

東京〜岡山間は片道601キロ以上ありますから往復割引の対象になるのですが、この場合「行き」「帰り」とも732.9kmなので切り上げて733kmとなります。
これを721〜760kmの運賃に当てはめると10,190円で、1割引すると9,171円になりますが、端数は切り捨てますから9,170円となります。
往復ですと、この料金の2倍ですから18,340円となり、これが往復割引の料金となります。
営業キロの表は、JRのホームページから見ることができますから、チェックしてみましょう。

 

また、学生さんの場合、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生や生徒で利用区間の片道の営業キロが101キロ以上ある場合に運賃が2割引になる、学生割引もあります。

 

こちらの片道の利用区間は私鉄線と航路も含みますから、かなりお得だと言えます。

 

学生のお子さんがいる家族旅行には往復割引と合わせてぜひ利用しましょう。

 

また、お支払いにつきましては、現金よりもクレジットカードが有利なのはすでに常識ですよね。

 

※クレジットカードの中でも、主にJRの利用でポイントを貯めるならば、総合的に考えるとやはりビューカードがおすすめです。

JR「列車の旅」情報ネット TOP

新幹線格安チケットのネットオークション最新情報
新幹線の格安チケットをヤフオクで探す!
格安新幹線チケットの楽天情報

スポンサードリンク




新幹線の往復割引 料金計算とお得な活用法関連ページ

新幹線の早割きっぷ
新幹線の早割り「早特きっぷ」は、出発日の一定期間前に購入されることで、通常の割引き料金よりもよりお得になるサービスです。早特きっぷにはいくつかの種類があり、またご利用に当たっては一定の条件や制約などもありますのでご注意ください。
新幹線の回数券
新幹線の回数券は、乗車券と指定席特急券がセットになったチケットですので、家族やグループで利用する際にはとても便利です。しかも普通に購入するよりも割引きになるので安く利用したい人にもおすすめです。ただし、有効期間が設けてある等、注意しなくてはならない点があります。ここでは、そういった注意点とお得な活用術をご紹介します。
ぷらっとこだま
東海ツアーズで販売しているぷらっとこだまは、東海道新幹線「こだま」を利用したお得なツアーです。利用できる列車は決まっていますが、座席は全て指定席なので安心、しかも出発の前日まで申し込み可能なので、急な出張などにも便利。このぷらっとこだまの利用方法などについてご紹介します。
ウィークエンドパス
JRを2日間連続して利用するならウィークエンドパスがおすすめです。新幹線に乗車するには別途特急料金が必要になりますが、フリーエリア内での普通・快速列車が2日間乗り降り自由となるので、切符をその都度買う必要もなく、とてもスマートに列車を利用できます。
新幹線の予約
新幹線での旅行や出張の日程が決まったら早めの予約がおすすめです。乗車券は当日でももちろん購入できますが、当日になって突然満席になることもしばしばですので、乗車する日程が決まったら早めに予約しましょう。さらに新幹線の予約とネット割引についてご紹介します。
新幹線の予約状況
新幹線の切符の予約及び購入方法はいまやインターネットによる手続きが主流になっていますが、事前の予約状況の確認や変更につては場合によって制約もありますので、時には電話オペレーターによる適確な対応が安心な場合もあります。
新幹線の激安チケット
新幹線のチケットを通常よりも割引きで購入する方法としては、金券ショップを利用するのが一般的ですが、激安と言えるほどの安さで買うのは難しいと言えます。しかしネットオークションなどを上手に利用することで、時には格安価格で購入することも可能となります。
山形新幹線
山形新幹線は、福島と山形を結んで運行しています。正式には奥羽本線の一部区間を走る特別急行列車の扱いとなりますが、時刻表でみても新幹線と変わらない便利さを持っています。山形新幹線の料金や予約・運行状況及び空席状況の確認や便利な利用方法などをご案内しています。
長野新幹線
長野新幹線の各種の割引料金やチケット、またお得な切符の激安入手などについて情報をご案内しています。また空席の状況やネットの予約方法などの情報もご紹介していきます。
東海道新幹線
東海道新幹線の各種の割引料金やチケット、またお得な切符の激安購入法についてのご案内です。また空席の状況やネットの予約方法など、役に立つ情報などもご紹介していきます。
新幹線の車内販売
新幹線の車内販売も最近では、列車内限定のお弁当(駅弁)やオリジナルのチョロQ、JR東北・東海・山陽の各新幹線の車内限定スーパープレミアムアイスクリームなど楽しみも盛り沢山です!
新幹線の割引料金
新幹線を少しでも安くお得にご利用されるためには、各種の割引き料金を知っておくと便利です。特にお子様連れでご利用される場合の子供半額料金や、頻繁に利用される場合の回数券や往復割引き、また少し空いた時間帯を狙えば自由席でも空席が多いので、指定席料金を節約することもできます。もっとJRの割引き料金を知ってお得に旅行を楽しみましょう!
上越新幹線
上越新幹線の予約情報や空席状況など必要なインフォメーションの入手方法、さらにお得な自由席付き特急券・往復割引・回数券など各種の割引料金のご案内を行っています。
山陽新幹線
山陽新幹線の予約・空席情報や運行状況など必要なインフォメーションの入手や活用法、さらにお得な2枚きっぷなど各種の割引料金のご案内を行っています。
東北新幹線の予約と料金
東北新幹線の通常予約によるご利用は、当面は暫定ダイヤでの運行となる見込みです。また東日本大震災の復興に向けた取り組みの一環としては、様々なサポートも行っています。被災地の復興支援や帰省などの移動をサポートするためのJR東日本パスは、区間内の新幹線などの自由席が1万円で1日乗り降り自由で利用できます。(はやぶさの普通指定席にも利用可能)また、ボランティアなど復興支援を行う人が帰る際に利用できる「やまびこ自由席片道きっぷ」(自由席が通常の半額料金)も好評です。
九州新幹線
九州新幹線は、長崎・西九州ルート及び鹿児島ルート(さくら・つばめ等)等で運行しています。予約や空席状況のチェック及び往復割引や回数券などを活用して安く利用するためのポイントなどをご紹介します。
秋田新幹線
秋田新幹線(こまち)は、当面は暫定ダイヤでの運行となる見込みですので、空席・予約・暫定時刻表及び運行状況の確認等につきましては、JRサイトなどから最新情報の入手が必要です。また現在の回数券や往復割引等の他、被災地の復興支援に向けた様々な割引サービスやサポートも行われていく見込みですので、当面はご利用の際には、利用される日の運行予定なども要チェックです。





スポンサードリンク







JR東日本
JR東海
JR西日本
JR九州